読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bethelgeuse’s blog

最近のneuroscience系科学論文を簡単なコメントつきでアップ

α7ニコチン受容体アゴニストABT-126の統合失調症患者の認知機能に対する臨床試験

Neuropsychopharmacologyより。α7ニコチン受容体アゴニストABT-126の統合失調症患者の認知機能に対する作用を検証する臨床Ph2b試験。432名の統合失調症患者が参加し、80%にあたる患者が試験を最後まで完了しました。主要評価項目は認知機能スコアMATRICS Consensus Cognitive Battery (MCCB) neurocognitive composite score で、12週間の試験で統計学的に有意な作用は検出されませんでした。二次評価項目として、統合失調症患者の陰性症状に対する影響を調べたところ、改善する傾向が認められました。Abbvie社の開発品リストからはABT-126は既にはずれています。

The α7 Nicotinic Agonist ABT-126 in the Treatment of Cognitive Impairment Associated with Schizophrenia in Nonsmokers: Results from a Randomized Controlled Phase 2b Study

http://www.nature.com/npp/journal/vaop/naam/abs/npp2016101a.html