読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bethelgeuse’s blog

最近のneuroscience系科学論文を簡単なコメントつきでアップ

多発性硬化症を対象としたS1P1,5受容体調節薬siponimod (BAF312) の臨床第2相試験結果

JAMA Neurologyより。Siponimodは、二次進行性多発性硬化症の患者を対象に現在臨床第3相試験中です。その前に行われた再発寛解多発性硬化症患者を対象に行われた臨床第2相試験結果が論文公表されました。評価期間は最大24か月 (2年) で、安全性以外に、薬効の指標として、年間の再発率、およびMRIの画像所見での病変数が測定されました。薬物の服用量は5段階に分かれて行われた結果、高用量側において年間再発率の低下、脳内病変数の低下が認められました。

Safety and Efficacy of Siponimod (BAF312) in Patients With Relapsing-Remitting Multiple Sclerosis Dose-Blinded, Randomized Extension of the Phase 2 BOLD Study

https://archneur.jamanetwork.com/article.aspx?articleid=2532101