読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bethelgeuse’s blog

最近のneuroscience系科学論文を簡単なコメントつきでアップ

Tau凝集阻害薬LMTMのアルツハイマー病 (AD) 患者を対象にした臨床第3相試験

Lancetより。ADの二大病変、アミロイドβおよびTauのうち、Tauを狙った治療法として最も先行していたTau凝集阻害薬LMTM (メチレンブルー誘導体) のmild to moderate AD患者を対象にした臨床試験の結果が論文として発表されました。主要評価項目として、ADAS-Cog (認知機能のスコア) およびADCS-ADL (日常生活動作スコア) が用いられ、891名の患者が、LMTMの服用をしない、もしくはLMTMの2用量を服用しました。臨床試験は15か月に渡って行われましたが、LMTMによるADAS-CogおよびADCS-ADLの改善は認められませんでした。また、二次項目として用いられた脳萎縮 (MRIによる側脳室容量の測定) に対してもLMTMによる作用は認められませんでした。

Efficacy and safety of tau-aggregation inhibitor therapy in patients with mild or moderate Alzheimer's disease: a randomised, controlled, double-blind, parallel-arm, phase 3 trial

http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(16)31275-2/fulltext