読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bethelgeuse’s blog

最近のneuroscience系科学論文を簡単なコメントつきでアップ

α-Synuclein抗体PRX002臨床第1相結果の論文化

Movement Disordersより。α-Synucleinはパーキンソン病などの脳内で観察されるレビー小体の主な構成成分です。アルツハイマー病の二大病変はアミロイドβtauで、それぞれに対する抗体が臨床試験されていますが、パーキンソン病でも脳内病変の構成成分α-synucleinに対する抗体が臨床開発されています。アイルランド Prothena 社がスイスRoshe社と共同開発しているα-synuclein抗体PRX002の臨床第1相の結果が論文報告されました。健常者に対してPRX002を単回投与することで、血中にフリーで存在するα-synucleinが最大で約96%低下しました。最近、 Prothena 社はパーキンソン病患者に対してPRX002を投与した臨床第1b相の結果を発表し、脳脊髄液中に血中濃度の0.3%の抗体が移行することを確認しています。以上の結果を受けて、Prothena 社はPRX002を臨床第2相に進める予定にしています。

臨床第1相の論文報告

First-in-human assessment of PRX002, an anti–α-synuclein monoclonal antibody, in healthy volunteers - Schenk - 2016 - Movement Disorders - Wiley Online Library

昨年のProthena 社からの臨床第1相の発表

Prothena Presents Clinical Results Demonstrating Robust, Rapid Reduction in Levels of Free Serum Alpha-Synuclein of Up to 96% After Single Dose of PRX002, Novel Protein Immunotherapy for Parkinson's Disease (NASDAQ:PRTA)

Prothena 社からの臨床第1b相の発表

Prothena Reports Results from Phase 1b Study of PRX002 Demonstrating Robust Antibody CNS Penetration and Significant Reduction of Free Serum Alpha-synuclein in Patients with Parkinson's Disease (NASDAQ:PRTA)