読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bethelgeuse’s blog

最近のneuroscience系科学論文を簡単なコメントつきでアップ

ALS患者の生存と相関する遺伝子CAMTA1

JAMA Neurologyより。ALS患者4256名のGWAS解析の結果、10q23と1p36にALS患者の生存期間と相関する新しい遺伝子座が同定されました。1p36のrs2412208という部位はCAMTA1 (calmodulin binding transcription activator 1) 遺伝子座に含まれています。ALSの原因遺伝子ではなく、modifier geneとしての役割解明が期待されます。